音楽を慈しむ心

今日のレッスンも、前回に引き続き、C.P.E. Bachの無伴奏フルートソナタ wq.132を。

今日は、なんというか、音楽の慈しみ方を教わったような感覚です。

この場所の、この音の素晴らしさを伝えるためには、その前後をどう吹けば効果的なのか。
ここはしっかり鳴らす方がいいのか、さっと軽くまとめた方がいいのか。
この音楽を最も活き活きとさせるためには、どの位のボリュームが最適なのか。
などなどなど…。

音楽の持つ素晴らしさを引き出す為に、もっといろんなことを考えましょう、というレッスンでした。
音楽を慈しむ心を忘れてはならないのです。

まだまだエマニュエルさんの意図を汲みきれていませんが、こういう作業、楽しいですね🎶
ある1つの音符のために最適な音を探したり、ひとつのフレーズの可能性を探ったり。もっとやってみよう。

今日も師に心から感謝です。
関連記事
Secret

プロフィール

mai nagai

  • Author:mai nagai
  • 大阪でリコーダーを吹いています。猫好きのプログラマ。

最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ検索

チュナ(春花)

cocomaca Selection

リコーダーを愛する方たちへ。 cocomacaからのおすすめです。

FC2カウンター