スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回リコーダー発表会@芦屋教会

今日は音楽院のリコーダークラスの発表会です。
といっても音楽院の正式な発表会というわけではなく、普段なかなか人前で演奏する機会のない私たちのために先生が企画してくださった発表会です。


↑リハーサル後にチェンバロをチューニングしているところ。向かって右には素敵なパイプオルガンが…

会場は兵庫県芦屋市にある「日本キリスト改革派芦屋教会」で、ここで音楽院のリコーダ発表会をするのは2回目なんですね。1回めはいつだったのかしら。

この教会は全体が木で出来ていて、中に入ると木のとってもいい香りがします。天井も高いので音がよく響き、リコーダーの演奏には本当にぴったりなところでした。

今回の発表会のメインは中級アルトリコーダーのクラス。
このクラスの受講生は普段は皆で一緒に同じ曲を練習しているようですが、今回は1~3人のグループに分かれて、それぞれが別の曲をチェンバロと合わせて演奏するというスタイルでした。
曲目はGroundとかGreensleevesとかオーソドックスなものの間に、ソロでいろんな作曲家のSonataを織り交ぜるといった構成でした。総勢15組だったのでなかなかのボリューム感ですね…。
それにしても、皆さんとってもお上手でびっくりしました。
緊張するとか言いながらも立派に堂々と素敵な演奏を聴かせてくださいました。

私たちアンサンブルのクラスは最後に2曲だけ演奏。
曲目は「Symphonny No.1」(Steve Marshall)の第一楽章 Vivaceと、「Silhouette of a Breeze」(梁 邦彦)です。

Symphony No.1の方は、練習では一度も止まらずに演奏できなかった難曲でして…。
難しいというよりも、長い休みが多くてどこで入ったらいいのか分からなくなってしまうのですが、結局リハーサルでも途中で止まっていたという。

本番ではなんとか止まらずに最後まで演奏できましたが、結構途中でこっそり脱落したりしていたようです(笑)。
かく言う私も一箇所出損ねて、一箇所は1小節早く出てしまいました(^_^;)

2曲めのSilhouette of a Breezeは大して難しい曲ではないので楽しみながら吹くことができましたが、ソプラノ2本のピッチがやっぱり合わなかったですね…。土曜日の練習の時はばっちり合ってたのになぁ…。
あとの打上げのときに、K先生から「あの人数でソプラノ2本は多いんちゃう?」と言われましたが、そうなのかも…。
でもこの曲、最後の部分だけソプラノが1と2に分かれるので2本必要なんですよ(笑)。
それに、当日は一人お休みだったので2本だったけど、本当は3本の予定だったんですよね…。
ピッチが合わないのは修行が足りないだけで、本数が多いせいではないですよね。まぁ2本よりはむしろ3本の方が合ったのかもしれませんが…。

なかなか盛り沢山で、自分の出番が来る前にちょっと疲れてしまいましたが、とっても楽しい発表会でした。
とっても素敵な教会だったので、またここで吹きたいな。

そうそう、今回はTwitter仲間の方が聴きに来てくださっていました!!
退屈じゃないか心配だったのですが、なんとか楽しんでいただけたかしら?
貴重な祝日にお時間を割いていただき、本当にありがとうございました。



それにしても、私は緊張すると指が震えるのをどうにか克服しなければ。
1曲めの途中から指が震えだしてひどい事に(笑)。息は大丈夫なんだけどなぁ。
次に人前で演奏するときには多少なりとも克服できていますように…。
関連記事
Secret

プロフィール

mai.cocomaca

  • Author:mai.cocomaca
  • 猫とリコーダーと手芸が好きなオチビさんです。

最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ検索

チュナ(春花): Mix黒・女の子

cocomaca Selection

リコーダーを愛する方たちへ。 cocomacaからのおすすめです。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。