スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第30回リコーダーフェスティバル

4月7日(土)にクレオ大阪西で開催された、東京リコーダー協会西日本本部主催のリコーダーフェスティバルに出演してきました♪

このリコーダーフェスティバル(通称 リコフェス)は毎年やってて、今年で第30回ということなのですが、私がこのリコフェスに最初に出たのはまだ小学生の頃…。当時は続けて何度か出ましたが、メンバー不足でそのうち出なくなりました。今回の出演はそれから20年以上ぶりなので、本当に久しぶりのリコフェス出演なのでした。

私は今回は2グループでエントリーしていて、ひとつは月2回練習しているリコーダーアンサンブルのグループ「Einsatz」、そしてもうひとつは小学生の頃にも出ていた「Peperomia」です。

Peperomiaは、元々は私の姉妹+父という4人の家族アンサンブルだったのですが、だんだん皆リコーダーなんぞには見向きもしなくなり、最終的に残ったのが私と父の2人という、リコーダーを楽しむにはちょっと人数不足なグループです。

演奏した曲目はそれぞれ以下のとおりです。

Einsatz
  • 空想の花束 (A Bouquet of Fancies)/Andrew Charlton
    All in a Garden Green
    Who List to Lead a Soldier's Life
    The Three Ravens
    Donkin Dargeson
  • 「カバレリア・ルスチカーナ」間奏曲/マスカーニ

Peperomia
  • 2本のリコーダーのための6つのソナタ 第3番 TWV40-103/テレマン
    Siciliana
    Vivace
    Andante
    Allegro

前の演奏会の時にも思ったのですが、Einsatzはやっぱり本番に強いですね。
最後の練習あたりからわりと良い演奏ができていたと思うのですが、本番もそれなりにできたのではないでしょうか。「空想の花束」の最後の曲は私がちょっと走ってしまったせいで低音パートにご迷惑を掛けた気が…。
すみません(=´ ェ `;=)

Peperomiaはデュエットだったわけですが、うーん。最初っからピッチが合わない…。なんで?
舞台上で演奏直前にCの音で音合せしたのは合ってたはずなんですけどねぇ…。
あまりのピッチの合わなさに、出だしを何度かやり直すハメになってしまったけど、結局最後まで、ぽつぽつと肝心なところで合いませんでした…。最後のAllegroは力尽きて最後の方の装飾は省いちゃったし…(/_;)

とまぁ、完璧ではありませんでしたが、自分自身はとても楽しんで吹くことができました♪
他のグループの演奏もしっかり聞いて、いろいろ勉強になりました。

会場のクレオ大阪西も良い所ですね。ちゃんとした舞台もあって客席も少なすぎず多すぎず。
橋下市長になってから、クレオ大阪は全て廃止!!なんて方針も出ているようですが、市民の文化活動の発表の場となる貴重な場所なので、なんとか残してほしいものです。

また来年も楽しくリコフェスに参加できるよう、しっかり練習しないとね…。
関連記事
Secret

プロフィール

mai.cocomaca

  • Author:mai.cocomaca
  • 猫とリコーダーと手芸が好きなオチビさんです。

最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ検索

チュナ(春花): Mix黒・女の子

cocomaca Selection

リコーダーを愛する方たちへ。 cocomacaからのおすすめです。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。