リコーダーフェアに行って来ました!!

7/14(木)~7/16(土)の3日間、心斎橋の三木楽器で行われているリコーダー・フェアに行って来ました~ヽ(=´ ェ `=)/

リコーダーフェアに行くのは初めてだったので、どんな感じなのかな~とわくわくしながら会場の地下2階ヘ…降りてみたのはいいけれど、並んでいるのはギターばかりでリコーダーなんて見当たらない。あれ?と思って店員さんに聞いてみたところ、奥の防音室みたいなところでやっているとのこと。

早速会場に入ってみると、小さな部屋に大小様々なリコーダーがずら~っと並んでいました。
基本的にどれも自由に試奏して良くて、吹き終わったらウェットティッシュで口元を拭いて戻すという方式。
他のお客さんたちはどうやら木製リコーダーのことをよく知らないおば様方数人。

とりあえず、アルトを中心に手当たり次第吹いてみましたが…。ん~。第一候補のタケヤマはどれもイマイチ。信頼のメックも今回並んでいたものの中では気に入るものがなく…。オリーブとか狙ってたんですけどねぇ…。
モーレンハウエルやらキュングやらフェールやらコルスマやらも吹いてみましたが、やっぱり12万円ぐらいの楽器だとさすがに良くなりますね。

でもアンサンブル用のアルト1本にそこまで出すのもなぁ…。などと悩んでいたところ、スズキ楽器のリコーダー制作者さんが来られまして、せっかくなのでスズキのアルトを試奏させていただいたところ…。あれまぁ、これ良く鳴るじゃないの!!

失礼ながら、スズキのリコーダーなんて大したことないでしょ、ぐらいに思ってました。ごめんなさい。

私が気に入ったのは黒檀製なのですが、一般的には黒檀はアンサンブルには合わず独奏用だと言われているのに、どういうわけかこの黒檀、そんなに尖った音はしない。音はよく通るけど。低音から高音まで良くなるし、音程のバランスも良い。
そしてこれまたどういうわけか、高級素材と言われる黒檀なのに、定価が約79,000円ととってもリーズナブル。少なくとも今回並んでいた他のメーカーの楽器で、この値段でこれだけのクオリティのものはひとつもなかったと思います。

値段が安いのもさることながら、音色と吹き心地もとても気に入ったこともあり、このスズキの黒檀ちゃんをお買
い上げ~♪ いやはや、制作者の方が見えなかったら、スズキの楽器を手に取る事自体なかったかもしれません。出会いって大切ですね~。

早速お買い上げの手続きに入ろうと思ったのにお店の方が見当たらなかったし、アルトが予想外にお手頃価格で済んだので、ついでにソプラノも見よう!!と、今度はソプラノを物色し始めました。

ソプラノもスズキの黒檀があったので吹いてみたのですが…。同じく良く鳴るんですけどね、置いてあったものはちょっとハズレだったかも。というか、私の吹きグセと合わなかったというか。最高音がちょいと鳴りにくかったので却下。同じモデルのが他にもあれば吹き比べられたのになぁ~。
仕方ないので他のメーカーのものもいろいろ吹いてみて、これまた値段の割に良く鳴ったフェールのモデルIVのボックスウッドに決めました。定価が5万円台って、フェールにしちゃ安いんじゃ?

というわけで、アルトを買いに行ったはずなのに、ソプラノまで買ってしまった私なのでした…。フェアって恐ろしい(笑)。

これが今回買ったスズキのアルトさん(SRA-2031)とフェールのソプラノさん(モデルIV ボックスウッド)です。
IMAG1093.jpg
フェールのソプラノのケースが、分割して収納するタイプじゃないのがちょっと残念。

あ、そうそう、スズキの木製リコーダーはジョイントがコルクじゃなくて糸巻きタイプなんです。今までコルクのしか使ったことないからちょっと不安なんですが、制作者さんに聞いてみたら、「糸だったらジョイント部が緩くなってきても自分で巻けるからね。コルクだと修理に出さないとダメでしょ?巻く糸はミシン糸でいいし便利ですよ~」なのだとか。なるほど。またちょっと巻き方とかネットで探してみます。

そして、帰りには頼んでおいたバスも吹かせてもらいましたが、やっぱり私にはバスは無理っぽい…。
ニック式でもちょっと手がつるし、パイプ式でも右手の指がぎりぎり塞がりきっていないようで最低音がかなり厳しい。ま、おチビだししょうがないわね。バスは潔く諦めます(笑)。

で、こちらはおみやげ?に頂いたもの。日本で販売されている木製リコーダーがほぼすべて網羅されていると言っても過言ではないぐらいの立派なリコーダーカタログとスズキのリコーダーカタログ、そして、購入特典として頂いたかわいいストラップとお掃除用ガーゼです♪
IMAG1133.jpg

あ~、楽しかった。次回も是非また遊びに行きたいと思います!!



リコーダー調整会について

竹山リコーダーの竹山さんによるリコーダー調整会にも参加しましたが、持っていった楽器がメックということもあり、あまり直してもらえませんでした。
コルクの貼替えぐらいやってくれるかな~と思っていたのですが、メーカーに出したほうが良いとのことで…。残念。

ソプラノはブロック外してちょっと調整してくれたのですが、かなり古い楽器で一度もメンテナンスに出してないので内部の状態が大分変わってしまっているそうで、やはり一度メーカーにメンテナンスに出したほうが良いとのことでした。うむむむ…。
関連記事
Secret

プロフィール

mai nagai

  • Author:mai nagai
  • 大阪でリコーダーを吹いています。猫好きのプログラマ。

最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ検索

チュナ(春花)

cocomaca Selection

リコーダーを愛する方たちへ。 cocomacaからのおすすめです。

FC2カウンター