ミシンを買い替える その1

突然ですが、ミシンを買い替えることにしました。

今使っているのは20年以上も前に母が買ってくれたもの。
スイスのelnaというメーカーのもので、当時としては珍しく水平釜が採用されており、5.3kgのコンパクトタイプのものでした。とっても使い易く大事に使い続けてきたのですが、さすがにちょっとガタが来ているのか、ガチャガチャ音がしたり、縫い目の調子がうまく合わせられなかったり…。

調整に出そうかとも思ったのですがelnaというメーカーが既になくなってしまったこともあり、部品の調達が難しくなっているようだったので、思い切って買い替えよう!!と決めたのでした。
20100402_elna.jpg
↑愛用のelnaミシン「Elnita ZZ」。特殊な合金を使用しているので軽いのだとか。
UFOみたいな形のエア式フットコントローラーが特徴です。


いざ買い替える決断をしたのは良いものの、ずーっとこのミシンを使っていたおかげで今時のミシン事情がさっぱり分からず、ネットの波をさまようハメになってしまいました(´・д・`)

いろいろ情報を集めながら自分のミシンの使い方を考えてみた結果、私に必要なミシンの条件はこんな感じになりました。

  1. 刺繍機能は不要。
  2. ロックミシンまで置く場所はないので、ジグザグだけでなく、かがり縫いができるもの。
  3. 縫い目の長さと振り幅が調整できるもの。
  4. 服のサイズ直しを自分でしたいので、厚地から薄地まできれいに縫えるもの。

1.と2.は、だいたいどのミシンでもクリアできますが、3.の条件を満たすためにコンパクトタイプのミシンは却下。
ということで、3~4万円台のフルサイズミシンにするというところまでは簡単に絞れたのですが、そこから先が難しい…。

今時のミシンは大半が電子ミシンかコンピューターミシン。でも自分は電動ミシンしか使ったことがない。
しかも海外製のelnaしか知らないので、日本のメーカーではどこが良いのやら、さっぱり分からないのです。
近くの手芸店でお店の人に聞いても「どれでも大体一緒です」って言われるばかり。

そこで、楽天などのレビューを参考にしながら、自分なりに候補を挙げてみました。

  1. ジャガー CC-1101
  2. シンガー SC-100
  3. ブラザー BC-6000
  4. ジューキ HZL-E60

1は通販で良く取り扱われているもので19,800円と低価格。
かがり縫いの種類が充実しているので候補に入れたけど、正直良く分からないです。
それ以外は、一応ちゃんとしたミシンですね。
でも決め手に欠けるというか、中厚地には強いけど薄地に弱いとか、壊れやすいとかいうレビューを見るとまた悩んでしまって、いつまで経っても決まらない(´-д-)-3

やれやれ、ミシン選びって本当に大変ですね~。
買うと決めたはいいけれど、ちゃんと自分に合うミシンが選べるのか、いささか不安になってきました(;´∀`)
関連記事
Secret

プロフィール

mai nagai

  • Author:mai nagai
  • 大阪でリコーダーを吹いています。猫好きのプログラマ。

最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ検索

チュナ(春花)

cocomaca Selection

リコーダーを愛する方たちへ。 cocomacaからのおすすめです。

FC2カウンター