ど派手な毛糸

年末の大掃除の一環として(?)、いらない毛糸玉を整理していたら、ど派手でどでかい毛糸玉と遭遇。なんでこんなの買ったのか思い出せない…。

さすがにこれでマフラーとか身につけるものを編むつもりではなかったと思うのですが… (ΦωΦ)?


ラベルの表示を見ると、アクリル100%だったので、お台所で使うアクリルタワシにしてやりました。
シンプルにガーター編みで。伸びやすいので、細めの針でかっちりと編んでみました。

段染めなので、2枚編んだら全然違う柄になりました。
そして、まだまだ大量に余ってます(-_-;)
アクリルタワシ、一体何枚できるんだか…。

チャカン(Csakan)のCD

先月、アンリュウリコーダーフェスティバルで買ったチャカンのCD、ようやくmp3 tagを付けてスマホに取り込み完了。
これで外でも聴けます(=^・^=)

「チャカン(Csakan)」というのは、ステッキ型のリコーダーで、19世紀のヨーロッパで流行した楽器です。
「ステッキフルート」と呼ばれることもあるようですね。
19世紀には、ステッキにいろんな楽器を仕込むのが流行っていたのだとか…。

今、リコーダーで取り組んでいるStefan Franzという人の曲も入ってるし(やっているのとは別の曲ですが)、リコーダーで演奏されることの多い、A. HeberleやE. Krämerの曲も入っていますよ。
リコーダーとはまた違った音色で、面白いです。
テンポもわりとゆっくり目で、きらびやかなメロディなのに素朴…?な雰囲気になっています。
譜面づらは多分、16分音符炸裂だと思うんですけどね。

チャカンのCDは、この他にも2枚ほど出ていますが、これは、オリジナルの(コピーではない)チャカンを使って演奏された世界初のCDなのだそうですよ。

http://www.notabene-edition.de/cds/csakan

日本では入手しにくいのが残念ですが、Mollenhauerのサイトから購入できるようです。
Mollenhauer Onlinestore|Csakan – Die Blockflöte der Frühromantik

同時に、Aura Editionから出ているリコーダーでも演奏できるチャカンの曲の楽譜もいくつか買ったので、初期ロマン派の世界を存分に楽しんでみます♪

プロフィール

mai.cocomaca

  • Author:mai.cocomaca
  • 猫とリコーダーと手芸が好きなオチビさんです。

最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ検索

チュナ(春花)

cocomaca Selection

リコーダーを愛する方たちへ。 cocomacaからのおすすめです。

FC2カウンター